ルートアカウントを作成して、AWSを始めよう!

ルートアカウントを作成して、AWSを始めよう!
  • URLをコピーしました!

AWSを始めるにあたり、はじめの一歩としてルートアカウントを作成していきましょう。
ルートアカウントは、作業するためのものではなく、基本的には最初のIAMアカウントを作成することのみに利用します。

また、ルートアカウント作成には、クレジットカードが必要になりますので、準備しておくといいと思います。

AWSを使って色々やっていくぞ!
AWSの記事一覧!
  • 準備中・・・

学習に使った本はこちら!

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
クマじい

Amazon Kindle Unlimited でもAWSの本はいっぱいあるぞ!

目次

ルートアカウントを作成しよう。

では早速、ルートアカウントを作成していきましょう。
AWSには最初にサインアップした日から12ヶ月間、無料で利用できるサービスがいくつかあります。
もし、直近で忙しくてアカウントだけ作っておくつもりだった方は、12ヶ月の無料枠も検討しておきましょう。

AWSは料金プランが複雑でわかりづらいよね…

アカウントを作成する。

AWSの公式ページを開きましょう!

「無料アカウントを作成」ボタンを押下します。
無料枠の利用を検討をしている方は、無料枠についても確認しておきましょう。

「ルートユーザのEメールアドレス」と「AWSアカウント名」を入力して、「Eメールアドレスを検証」を選択します。

Eメールアドレスに設定したアドレスに確認コードが届くと思うので、「確認コード」に入力して、「検証」ボタンを押下します。

Eメールアドレスが正常に検証されたら、「rootユーザーパスワード」と「rootユーザーパスワードの確認」を入力して、「継続(ステップ1/5)」を選択します。

続いては、連絡先情報を入力していくのですが「個人-ご自身のプロジェクト向け」を選択することにだけ注意が必要です。
それ以外は、個人情報を入力していく形になります。

次は、請求情報の入力です。
こちらも用意していただいたクレジットカードの情報を入力してもらえればいいです。

続いては、本人確認です。
認証コードの受け取り方法は、どちらでもいいですが「テキストメッセージ(SMS)」が楽でいいと思います。

国または地域コードは「日本」を選択して、「携帯電話番号」にご自身の電話番号を入力しましょう。

SMSで届いた確認コードを入力して、「続行(ステップ 4/5)」を選択します。

サポートプランの選択です。
ビジネスで利用したり、デベロッパーとして使う方は別のプランがいいと思いますが、そうでない限りは「ベーシックサポート」でいいと思います。

AWSマネジメントコンソールが開いたらルートアカウントの登録は完了です。

クマじい

これでAWSを勉強できるぞ!

まとめ

今回は、AWSのルートアカウントの作成をしていきました。
次回以降は、IAMアカウントを作成したり、EC2を立てたり、VPCを作成したりなどなどやっていきますので、ぜひ他の記事も参考にしてください!

AWSを使って色々やっていくぞ!
AWSの記事一覧!
  • 準備中・・・

学習に使った本はこちら!

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
クマじい

Amazon Kindle Unlimited でもAWSの本はいっぱいあるぞ!

ルートアカウントを作成して、AWSを始めよう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

東京在住で20代のエンジニアです。
特に特技があるわけではありませんが、誰もが楽しくプログラミングができたらいいと思い、「teech lab.」を開設いたしました。

Enjoy Diaryという、ガジェットや雑貨を紹介しているブログもあります!
ぜひ、みてください!!

目次
閉じる