【AWS 初心者】無料デジタルコンテンツ! AWS Cloud Practitioner Essentialsでクラウドプラクティショナーの基礎を学ぼう

AWS Cloud Practitioner Essentials
  • URLをコピーしました!

近年、AWS需要も大きくなっており、AWSについて学んでみようと思っている方も多いのではないでしょうか。
中には、AWS認定クラウドプラクティショナーをAWSのはじめの一歩として、受験しようと考えている方もいらっしゃると思います!

ただ実際に、勉強をしようとしてもどこから手をつけたらわからない。。。

今回は、そんな方におすすめのコンテンツを紹介しようと思います!!

こんな方に見て欲しい内容です!!
  • AWSの勉強を始めたい!
  • AWSの基礎を知りたい!
  • AWS認定クラウドプラクティショナーを受験したい!
クマじい

無料ほど、心強いものはないんじゃよな!!!

学習に使った本はこちら!

クマじい

Amazon Kindle Unlimited でもAWSの本はいっぱいあるぞ!

  • 技術書をたくさん読みたい!
  • 色々な技術を学びたい!
初回30日間無料体験があるので、どのような参考書があるか確認してみよう!

Kindle Unlimitedで技術書を読むならタブレットがあるとさらに便利ですよ!
10インチあるとより見やすいと思いますが、7インチでも十分見やすくなります!

¥15,980 (2022/12/09 11:28時点 | Amazon調べ)
目次

AWS Cloud Practitioner Essentials とは!?

「クラウドプラクティショナーの試験を受けたいのですが、どこから勉強したらいいのかわかりません。」
「AWSを勉強したいのですが、何を勉強したらいいのでしょうか。」

こんな方多いのではないでしょうか??
今回は、そんな方におすすめの「AWS Cloud Practitioner Essentials」を紹介しようと思います!

「AWS Cloud Practitioner Essentials」は、AWSの全体的な基礎を学習できる無料コンテンツのことです!!

概要

AWS Cloud Practitioner Essentialsは、AWSについて基礎を理解したい場合におすすめのコンテンツです!!
AWSの総合的な基礎を学習することができます!

AWS認定クラウドプラクティショナーを受講しようと思っている方がいれば、まず初めの一歩として受講してみてはいかがでしょうか?

Amazonアカウントさえあれば、無料で受講することができますよ!

所要時間は、6時間とされていますが、実際はメモをとったりすると思うので6時間では終わることはないと思います。
また、日本語版ですが音声は英語で、字幕が日本語になってます。

このコースは、基礎レベルのコースで、特定の技術担当者に限らず、AWS クラウドを全体的に理解したい方を対象としています。このコースでは、クラウドの概念、AWS のサービス、セキュリティ、アーキテクチャ、料金、サポートに関する詳細な概要を説明します。このコースは、AWS 認定クラウドプラクティショナー試験の準備にも役立ちます。

AWS training and certification

コースの目的

AWS Cloud Practitioner Essentialsの目的は、このような感じです!!

  • クラウドとその動作について定義する 
  • クラウドコンピューティングモデルとデプロイモデルの違いを理解する 
  • AWS クラウドの価値提案について説明する 
  • クラウドの基本的なグローバルインフラストラクチャについて説明する 
  • AWS のさまざまな操作方法を比較する 
  • AWS のサービスの各分野について説明し、その違いを理解する 
  • Well-Architected フレームワークについて説明する 
  • 責任共有モデルについて説明する
クマじい

知らん単語ばっかじゃぞ。

知らない単語も多いと思いますが、この辺の単語は、受講したらわかると思うので安心してください!
簡単にいうと、AWSの基礎を学べますよ!!ということです!

E-ラーニング一覧

AWS Cloud Practitioner Essentialsでは、モジュールと呼ばれるE-ラーニングが9個あります。

正確には、コース紹介とコースのまとめを除いた、6個のE-ラーニングと1個の確認テストがあると捉えていただければと思います!

E-ラーニング一覧
  1. コースの紹介:2分
  2. AWSクラウドの紹介:20分
  3. AWSの主要なサービス:45分
  4. AWSの統合サービス:100分
  5. AWSのアーキテクチャ:30分
  6. AWSのセキュリティ:50分
  7. AWSの料金とサポート:30分
  8. コースのまとめ:1分
  9. コースの最後の知識の確認:30分

これだけのものを無料で学べるなんて、すごくないですか!!!

Amazonアカウントがあればできるので、とりあえずやってみるでいいと思います!
簡単に始め方も紹介しますね!!

始め方を紹介!!

まずは、「AWS 認定 クラウドプラクティショナー」にアクセスしましょう!!

下のようなサイトが開いていると思います!!
「デジタルコースを受講」ボタンをクリックしましょう!

AWS Cloud Practitioner Essentialsのページに遷移すると思います!
「SIGN IN」ボタンをクリックして、Amazonアカウントにログインしてください。(まだ、アマゾンアカウントを持っていない方は、新規登録してください!)

登録はこれだけです!簡単にできるので、ぜひ試してみてください!
モジュールを開くと、E-ラーニングの一覧が出てくると思います!

Macを使っている方は、ポップアップウィンドウがブロックになっている可能性がありますので、「Safari > 環境設定 > Webサイト > ポップアップウィンドウ」から「aws.amazon.com」と「aws.training」を許可してください!

クマじい

これなら簡単じゃな!

まとめ!

今回は、AWSの第一歩としてぜひ活用したい「AWS Cloud Practitioner Essentials」を紹介いたしました!!

もし、AWSについてもっと詳しくなりたい〜!!と思った方は、ぜひAWS認定クラウドプラクティショナーを受験してみてはいかがでしょうか?

学習に使った本はこちら!

クマじい

Amazon Kindle Unlimited でもAWSの本はいっぱいあるぞ!

  • 技術書をたくさん読みたい!
  • 色々な技術を学びたい!
初回30日間無料体験があるので、どのような参考書があるか確認してみよう!

Kindle Unlimitedで技術書を読むならタブレットがあるとさらに便利ですよ!
10インチあるとより見やすいと思いますが、7インチでも十分見やすくなります!

¥15,980 (2022/12/09 11:28時点 | Amazon調べ)

また、「クラウドとは」を簡潔にまとめてますので、気になった方は「クラウドとは何か?」も参考にしてみてください!!

AWS Cloud Practitioner Essentials

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

東京在住で20代のエンジニアです。
特に特技があるわけではありませんが、誰もが楽しくプログラミングができたらいいと思い、「teech lab.」を開設いたしました。

Enjoy Diaryという、ガジェットや雑貨を紹介しているブログもあります!
ぜひ、みてください!!

目次