社会人でも安く買える!Adobe CCのアカデミック(学生)版の購入方法を紹介!最安値で商用利用も可能

社会人でも安く買える!Adobe CCのアカデミック(学生)版の購入方法を紹介!最安値で商用利用も可能
  • URLをコピーしました!

Adobe CC(アドビ クリエイティブ クラウド)を学生以外の社会人やフリーランスの方でも、通常版の半額程度で買えるアカデミック版(学生)版を購入する方法を紹介していきます!
もちろんですが、Adobe公式が認めている方法なので安心してお使いいただくことが可能な方法です!

今までAdobe CCは高くて手が出せなかった人や、これから使っていきたいと思っている方はもちろんですが、今Adobe製品を使っているが月額料金を下げたいと思っている方にもぜひ知ってもらいたい内容です!

TAKU

Adobe製品をいつでも最安値で利用できるとなれば、ありがたい限りですよね!!

結論を先に言っておくと、、、

Adobe公認のプラチナスクールパートナーに認定されているオンラインスクールに申し込むという方法になります!
プラチナスクールパートナーに認定されているオンラインスクールには、アカデミック版を提供することがAdobeから認められています。(アカデミック版は個人で利用は可能ですが、法人の場合は対象外です。)

オンラインスクールは、アカデミック版Adobe CCとオンライン講座がセットになって最安値で39,980円という通常盤の半額ほどのお値段で申し込むことが可能です!

おすすめのオンラインスクールは、「デジハリ・オンラインスクール」です!
料金は最安値ですし、Adobeダウンロード用のシリアルコードが最短10分で届くので、安心して申し込むことができます!

以降で、さらに詳しく説明していきますので参考にしてみてください!

  • 1年分のAdobe CC(アカデミック版)がセット!
  • 1ヶ月視聴できるAdobe CCの動画教材がセット!
  • 2ヶ月間プロのクリエイターが課題の添削も!
  • 通常版の半額程度の39,980円(税込)!

学割を社会人でもフリーランスでも誰でも利用可能です!
いつでも最安値で購入できるのでおすすめ!

目次

Adobe CCの購入方法、購入場所は?

Adobe CCを購入する方法は、公式サイトやAmazon、オンラインスクールなどいくつもあります。
それぞれで値段が異なってきますので、比較していきましょう!

スクロールできます
購入方法公式サイトAmazonオンラインスクール
価格72,336円(税込)65,097円(税込)〜39,980円(税込)〜
セール時価格47,520円(税込)
※過去最安値
47,520円(税込)
※過去最安値
メリット月額支払いが可能!
月々プランもあり!
単体プランもあり!
通常価格は公式より安い!
セールも年4回程度開催!
いつでも最安値で購入できる!
オンライン動画教材も視聴可能!
デメリットセールが少ない。
月々プランはさらにお高め。
月額払いができない。
セールを逃すと高い。
月額払いができない。
アカデミック版なので法人はNG。
(個人の場合、商用利用も可能!)
おすすめ度

表を見てもらうと一目瞭然ですが、オンラインスクールは公式サイトやAmazonのセール価格よりも1万円ほど安い価格になっています。
もちろんですが、オンラインスクールは社会人など誰でも利用可能ですし、オンラインのAdobeの基礎動画講座も視聴することができますので、初心者の方にも安心しておすすめできます!

Amazon・楽天・Yahoo!の現在価格を確認する!

Adobe CCの通常版(個人)とアカデミック版の違いは?

オンラインスクールでAdobe CCを購入するのが理解してもらえたと思いますが、もうひとつ気になるのが通常版とアカデミック版の違いだと思います!

先にお伝えしておくと、通常版とアカデミック版に機能差はないです。一部サービスに差異がありますが、大した違いではないので気にする必要はないと思います。

では、実際に細かいところを比較していきましょう!

Adobe CCには法人版(グループ版)もありますが、殆どの方に関係のないプランなので今回の比較対象からは除外しています。
また、アカデミック版は個人利用のみなので法人利用は不可能です。

通常版(個人)とアカデミック版の機能を比較!

まずは機能(アプリ)についての比較です!
Adobe公式でも公言されている通り、機能制限はありません!

通常版と比べて機能制限はありません。

Adobe
機能(アプリ)通常版(個人)アカデミック版
Acrobat Pro
Photoshop
Illustrator
InDesign
Premiere Pro
After Effects
Lightroom
XD
Animate
Lightroom Classic
Dreamweaver
Dimension
Audition
InCopy
Character Animator
Capture
Fresco
Bridge
Premiere Rush
Photoshop Express
Photoshop Camera
Media Encoder
Aero
Lightroom Web
Adobe Scan
Fill & Sign
Acrobat Reader

通常版(個人)とアカデミック版のサービス・ライセンスを比較!

続いて、サービスやライセンスについても比較しておきましょう!

通常版(個人)では、有償アップグレードでクラウドストレージを最大10TBに拡張することが可能ですが、
アカデミック版はアップグレード不可能になっています。
ただ100GB有れば十分ですし、そもそも有償アップグレードなのでアップグレードしない人がほとんどかなと思います。

それ以外に違いはありませんね!!

サービス・ライセンス通常版(個人)アカデミック版
クラウドストレージ100GB
(有償アップグレードで最大10TB)
100GB
Adobe Fonts
Adobe Portfolio
Spark
インストール対象Windows・Mac問わず2台まで
(同時起動は不可能)
Windows・Mac問わず2台まで
(同時起動は不可能)
ライセンス所有権個人個人
カスタマーサポート
商用利用

オンラインスクールのアカデミック版で気になることをQ&Aで回答!

他に気になることをQ&A風に記載しています。
もし気になっている項目があれば、参考にしてみてください!

オンラインスクールの受講期限が終わってもAdobe CCは使い続けることができますか?

受講期限後も引き続き利用が可能です。
Adobe CCは、シリアルコードを登録してから1年間利用が可能です。

1年後更新する場合も、アカデミック版を購入することは可能でしょうか?

再度、オンラインスクールに入会して、シリアルコードを登録することで2年目以降もアカデミック版の購入が可能です。

ただし、通常通りに更新してしまうと通常版(個人)の価格になってしまうので注意しましょう!

フリーランス(個人事業主)の場合でも、アカデミック版は商用利用できるのでしょうか?

こちらは、記事投稿時点ではアカデミック版をフリーランスや副業として利用するのは可能とのことです。
すなわち、個人でYouTubeで広告収入や案件を受けたり、フリーランスとして動画編集の仕事を受け持つことも可能です!

ただし、法人化している場合は法人版(グループ版)の購入が必要です。

Adobe公認プラチナスクールパートナーの通信講座はどれがおすすめ?

ここまで見てくれている方は、オンラインスクールでAdobe CCを購入しようと検討している方も多いと思います。
Adobe公認のプラチナスクールパートナーのうち、Adobe CCアカデミック版付属のオンライン講座があるスクールを比較していきます!

スクロールできます
スクール名称料金(年額)コード送付講座内容注意点
デジハリ・オンライン39,980円(税込)
即時
動画閲覧1ヶ月+課題作成2ヶ月
キャンペーンではないので、いつでもこの価格
課題添削は3回まで
アドバンスクール39,980円(税込)
3営業日以内
講座閲覧(動画・教材)1年
キャンペーン以外だと高いことも。
1年・2年・3年プランから選択可能!
ヒューマンアカデミー たのまな39,980円(税込)
3~7営業日
講座閲覧1ヶ月
副読本や用語集なども付属
サポートは3ヶ月あり
課題添削は有料オプション

すぐにダウンロードできる「デジハリ・オンライン」が一番おすすめ!

デジハリ・オンラインは申し込み・支払い後、すぐにAdobe CCダウンロード用のコードを送付してくれます。
他のスクールだと最低でも3日ほどは待つ必要があるので、注意が必要です!

どのオンラインスクールも39,980円の講座は、Adobe CCのアカデミックプラン1年間が目玉商品なので、すぐにAdobe CCダウンロード用コードを送ってくれる「デジハリ・オンライン」がおすすめです!

即時にダウンロードコードを送ってくれる

講座もゆっくりみて勉強したい方には「アドバンスクール」もおすすめ!

アドバンスクールは、3営業日ほど待たなければいけないですが、講座閲覧期間が1年もあるので初心者やゆっくり勉強していきたい方におすすめです!
アドバンスクールには、2年間プランや3年間プランもあるので、ライセンスの更新の手間を省きたい方もアドバンスクールを検討してみるといいと思います!

アドバンスクールは、キャンペーン以外だとお値段が高いことがあるので、注意が必要です。

Adobe製品はネット上に多くの情報があるので、迷ったらデジハリ・オンラインでいいかなと個人的には思います。

1年間講座閲覧できる初心者におすすめ

サポートが手厚めな「ヒューマンアカデミー たのまな」は微妙?

最後にヒューマンアカデミー たのまなですが、全体的にパッとしない印象ですね。
ダウンロードコードの送付は、3~7営業日と最も遅くなっています。

副読本や用語集などが付属していたり、サポートが3ヶ月あったりとサポート面に関しては、他より少し良いですね。
ただ、基礎的なことはYouTubeやネットで検索したら大抵のことは出てきますし、対してサポート依頼することはないので、あまりメリットは少ないかなと思います。

サポート期間が3ヶ月

プラチナスクールパートナーの通信講座申し込みで気になることをQ&Aで回答!

デジハリ・オンラインやアドバンスクールに申し込む際に、私が疑問に思ったことを少しQ&A風に記載しておきます。
もし同じ疑問を持っている方がいれば、参考にしてみてください!

通信講座の課題は絶対にやらないといけないの?

上記で紹介した講座は、基礎を知ってもらうというのが目的のため講座を全て見る必要もないですし、課題をやる必要もないです。

初心者の方で、せっかくだから勉強したい、課題を受けてみたいと思った方がいれば、受けてみてください!

39,980円以外に費用はかかるの?

39,980円は基礎講座とAdobe CCライセンスを含んだ料金のため、別途費用は必要ありません。

ただし、PCやネット環境は別途必要になります。

Adobe CCの通常版(個人)から切り替えはできるの?

通常版(個人)の契約を解除後であれば、可能です。
Adobeアカウントも同一のアカウントを利用することができます。

Adobe CCを最安値で買う方法のまとめ!

今回は、社会人やフリーランスの方でもAdobe CCのアカデミック版を格安で購入する方法を紹介いたしました。
普通に公式サイトやAmazonで買うよりもお安く買えるので、Adobe CCの購入を検討していた方はもちろん、高い月額を払ってAdobe CCを契約している方は、この機会に見直してみてはいかがでしょうか!

  • 1年分のAdobe CC(アカデミック版)がセット!
  • 1ヶ月視聴できるAdobe CCの動画教材がセット!
  • 2ヶ月間プロのクリエイターが課題の添削も!
  • 通常版の半額程度の39,980円(税込)!

学割を社会人でもフリーランスでも誰でも利用可能です!
いつでも最安値で購入できるのでおすすめ!

社会人でも安く買える!Adobe CCのアカデミック(学生)版の購入方法を紹介!最安値で商用利用も可能

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

東京在住で20代のエンジニアです。
特に特技があるわけではありませんが、誰もが楽しくプログラミングができたらいいと思い、「teech lab.」を開設いたしました。

Enjoy Diaryという、ガジェットや雑貨を紹介しているブログもあります!
ぜひ、みてください!!

目次
閉じる