【Flutter Dart】FirebaseをiOSとAndroidで使えるように設定する!

Firebaseを使えるようにする!
  • URLをコピーしました!

今回は、FlutterアプリにFirebaseの導入をやっていこうと思います!
Firebaseは、Baasなので認証機能やDBなど様々なバックエンド機能を簡単に利用することができます!

もし、まだFlutterの開発環境構築がまだの方は、「FlutterとDartの開発環境構築をしよう!」を参考にしてみてください!

クマじい

わしはFirebaseなんて初めて聞いたぞ!

学習に使った本はこちら!

¥4,048 (2022/12/05 18:17時点 | Amazon調べ)
クマじい

Amazon Kindle Unlimited でもFlutter、Dartの本はいっぱいあるぞ!

  • 技術書をたくさん読みたい!
  • 色々な技術を学びたい!
初回30日間無料体験があるので、どのような参考書があるか確認してみよう!

Kindle Unlimitedで技術書を読むならタブレットがあるとさらに便利ですよ!
10インチあるとより見やすいと思いますが、7インチでも十分見やすくなります!

¥15,980 (2022/12/09 11:28時点 | Amazon調べ)
目次

Firebaseの設定をする!

まずは、Firebaseのプロジェクトの作成をしよう!

Firebaseのプロジェクトを作成

  1. Firebaseのアカウントを開設する。
  2. プロジェクトを追加を押下
  1. プロジェクト名を入力して、続行ボタンを押下
  2. Googleアナリテクスアカウントを選択して、プロジェクト作成ボタンを押下
    (別途アカウントを作成する必要があるかもしれません。)
  3. プロジェクトの作成が終わったら、続行ボタンを押下
0 
0 
0 
flutter-shopping-list 
・ 新 し い プ ロ ジ ェ ク ト の 準 備 が で き ま し た 
続 行
  1. こんな画面が表示されたらプロジェクト作成は完了です!

iOSの設定をする!

次は、iOSでFirebaseを使えるようにしていこう!

念のためですが、Firebaseの設定をしていく際に出てくる画面は、Swift用なので参考にしてはいけません。
(エラーが出てしまいます。)

Flutterの場合は、必ずこちらの手順を参考するようにしてください!

アプリの登録

  1. 追加するアプリのアイコンを選択(今回は、iOSのアイコンを選択してください。)
  1. iOSバンドルIDを入力
  2. 【参考】iOSバンドルIDは、XcodeでRunnerを開くと確認することができます。
    (基本的にはアプリ名になっているはずです。)
iOS ア プ リ に Firebase を 追 加 
X 
0 ア プ リ の 登 録 
iOS / ( ン ド 丿 し 旧 〇 
com.example-shoppingList 
ア プ リ の ニ ッ ク ネ ー ム ( 省 路 可 ) 〇 
マ イ iOS ア プ リ 
APP Store 旧 ( 省 略 可 ) 〇 
123456789 
ア プ リ を 登 録 
0 設 定 フ ァ イ ル の ダ ウ ン ロ 
ー ド 
0 Firebase SDK の 追 加
  1. 「GoogleService-info.plistをダウンロード」を押下
X 
iOS ア プ リ に Firebase を 追 加 
・ ア プ リ の 登 録 
iOS ノ ( ン ト ル ID: com.example.sho 叩 ingList 
・ 設 定 フ ァ イ ル の ダ ウ ン ロ ー ド 
芝 GoogleService-Info.pIist を ダ ウ ン ロ ー ド 
Xcode に つ い て は 下 記 参 照 
ダ ウ ン ロ ー ド し た Googleservice-lnfo. plist フ ァ イ ル を Xcode プ ロ ジ ェ ク ト の ル ー ト に 移 動 し 、 
ー 山 C-t± 
す べ て の 
タ ー ゲ ッ ト に 追 加 し ま す 。 
Goog 厄 Se 「 ⅶ ce ヨ 0- pli 駅 
次 へ 
ロ Q △ ◇ 
ヤ 0 MYApplication 
マ ! MYApplication 
当 AppDelegate.swift 
三 ViewCont 「 0龍0「 . swift 
Main. storyboard 
・ A550 お 、 XC 日 55et5 
い unchSc 「 00n.5t0 「 ybO 町 d 
fo. p ⅱ st 
ー Goog に Se 「 v に 2 - Info - p ⅱ
  1. ダウンロードしたファイルをXcodeで[Runner/Runner]配下に配置する
v Runner 
v Flutter 
AppFrameworklnfo.pli! 
o Debug.xcconfig 
o Release.xcconfig 
e Generated.xcconfig 
Runner 
GoogleService-lnfo.pli 
Main.storyboard 
Assets.xcassets 
h 
m 
LaunchScreen.storybc 
Info.plist 
GeneratedPluginRegis 
GeneratedPluginRegis 
AppDelegate.swift
  1. 続いて設定画面では、Firebase SDKの追加をやっていくようになっていますが、これをやるとFlutterではビルド時にエラーになってしまうので、そのまま「次へ」ボタンを押しましょう!
iOS F JL• ID: com-example-shoppingList 
O Firebase SDK 
CocoaPods I SwiftPM ZIP 
Unity 
Google Y—ax CocoaP0dsØ 5 
77VC)Xcode 
Podfile 
S pod Init 
Podfile 
# add the Firebase pod for Google Analytics 
pod Firebase/ Analytics • 
# or pod 'Firebase,'Ana1yticsWithoutAdIdSupport' 
# for Analytics without IDFA collection capability 
# add pods for any other desired Firebase products 
# https : //firebase.google.com/docs/ios/setup#available-pods 
S pod install 
.xcworkspace
  1. 初期化コードの追加もFlutterでは不要ですので、「次へ」ボタンを押して問題ありません。
x 
iOS 
771) E Firebase 
iOS ID: com.example.shoppingList 
Firebase SDK 
Firebase 
@ swift O Objective-C 
import UIKit 
import Firebase 
class AppDe1egate: UIResponder, 
var window: UIWind0W? 
x -f AppDe1egate 5 
UIApp1icationDe1egate { 
func application(_ application: UIApp1ication, 
didFIrushLaunchingWIthOptions launchoptlons : 
[UIApp1icationLaunchOpt10nsKey: Any]? ) 
Bool { 
FirebaseApp . configure( )
  1. ここまでできれば、アプリの登録は完了です!

FlutterFireプラグインを追加

ここからはFlutterのみに必要な手順だよ!

  1. pubspec.yamlにFlutterFireプラグインを追加
    (最新を検索して導入してください。今回使うものは下記ですが他にもプラグインは色々あります。)
  2. 【参考】firebase_core(必須):https://pub.dev/packages/firebase_core
  3. 【参考】firebase_analytics(アナリテクスが必要な人):https://pub.dev/packages/firebase_analytics
  4. 【参考】firebase_auth(認証機能を使う人):https://pub.dev/packages/firebase_auth
  5. 【参考】cloud_firestore(FireStoreを使う人):https://pub.dev/packages/cloud_firestore
description: A new Flutter project.

version: 1.0.0+1

environment:
  sdk: ">=2.12.0 <3.0.0"

dependencies:
  flutter:
    sdk: flutter

  cupertino_icons: ^1.0.2

  firebase_core: ^1.3.0
  firebase_analytics: ^8.1.2
  firebase_auth: ^2.0.0
  cloud_firestore: ^2.3.0

dev_dependencies:
  flutter_test:
    sdk: flutter

flutter:

  uses-material-design: true
  1. pubspec.yamlの設定が終わったら、Pub getを実行しましょう!(コマンドでも構いません。)

これでiOSの設定は完了です!

クマじい

意外と大変じゃの〜

Androidの設定をする!

最後に、AndroidでFirebaseを使えるようにしていこう!

アプリを登録

  1. Androidパッケージ名を入力して、「アプリを登録」ボタンを押下
  2. 【参考】Androidパッケージ名は、android/app/build.gradle のapplicationIdを入力してください。
Android ア プ リ に Firebase を 追 加 
X 
0 ア プ リ の 登 録 
Android バ ッ ケ ー ジ 名 〇 
com.example-shopping」 ist 
ア プ リ の ニ ッ ク ネ ー ム ( 省 路 可 ) 〇 
マ イ And 「 oid ア プ リ 
デ バ ッ グ 用 の 署 名 証 明 書 SHA ・ 1 ( 省 略 可 ) ② 
00 ℃ 0 ℃ 0 : 00 : 00 : 00 : 00 ℃ 0 ℃ 0 ℃ 0 : 00 : 00 : 00 : 00 : 00 : 00 : 00 」 
Auth で Dynamic し nks 、 Goog に ロ グ イ ン 、 電 話 番 号 を サ ホ ー ト す る た め に 必 須 で す 。 
定 ] で SHA ・ 1 を 集 し て く だ さ い 。 
ア プ リ を 登 録 
0 設 定 フ ァ イ ル の ダ ウ ン ロ 
ー ド
shopping _ list 
Project 
: v 4 shopping_list 
—/StudioProjects/shopping_list 
> 'Ill .dart_tool 
v android 
shopping_tist... 
iPhone 12 Pro (mob"e) 
Podfile 
pubspec. lock 
main.dart 
pub spec.yamd 
4 Flutter commands 
a 
> 
build.gradle 
gradle 
ib .gitignore 
build.gradle 
"I gradle.properties 
gradlew 
gradlew.bat 
local.properties 
settings.gradle 
shopping_list_android.iml 
> • build 
19 
20 
21 
22 
23 
24 
25 
26 
27 
28 
29 
31 
32 
33 
34 
35 
36 
37 
38 
39 
41 
42 
= tocatProperties.getProperty(' flutter. 
def flutterVersionName 
(OuttecVecsionName 
null) { 
flutterVersionName '1.8 
apply plugin: 'com.android . application' 
apply plugin: ' ' 
• "$ftutterRoot/packages/ftutter_toots/gradte/fIutter. gradte" 
apply from. 
•android { 
compileSdkVersion 38 
sourceSets { 
main. java.srcDirs +2 'src/main/kottin' 
defaultConfig { 
// TODO: Specify your own unique Application ID (htt 
applicationld "com.example.shopping_tist" 
minSdkVersion 16 
targetSdkVersion 38 
versionCode flutterVersionCode.toInteger() 
versionName flutterVersionName 
4 main-dart 
om 
> 
> 
> 
> 
> 
> 
Messages: 
flutter 
Running 
build 
Flutter 
Pods 
Runner 
Runner.xcodeproj 
Runner.xcworkspace 
•gitignore 
Podfile 
Podfile.lock 
[shopping_list] Flutter 
pub get 
"flutter pub get" in 
t 
i' 
android0 
defaultConfigO 
2, 837ms
  1. 「google-service.jsonをダウンロード」ボタンを押下して、設定ファイルをウンロードする。
X 
Android ア プ リ に Firebase を 追 加 
・ ア プ リ の 登 録 
Android / 、 ツ ケ ー ジ 名 : 00m. example.shopping 」 ist 
・ 設 定 フ ァ イ ル の ダ ウ ン ロ ー ド 
0000 厄 - s ⅵ ce 引 son を ダ ウ ン ロ ー ド 
Android studio の 「 可 部 可 表 示 に 切 り 替 え 、 プ ロ ジ 
ェ ク ト の ル ー ト デ ィ レ ク ト リ を 表 示 し ま す 。 
ダ ウ ン ロ ー ド し た google-services.json フ ァ イ ル を Android 
ア プ リ モ ジ ュ ー ル の ル ー ト デ ィ レ ク ト リ に 移 動 し ま す 。 
goog 厄 ・ 50 Ⅳ ices on 
次 へ 
0 Firebase SDK の 追 加 
Android Studio に つ い て は 下 記 参 照 ー リ y C 土 
衂 ー 01 当 ー 
GMyApplication ぃ / D 門 k : リ M 
4 
ト 
t.ldea 
app 
ト 0 build 
ロ libs 
住 .9 心 gno 代 
app.iml 
( い b し ⅱ g な d 
ロ 0091P - 「 引 「 eS 」 50n 
p 「 09u 町 d ゴ u 、 . P 「 0 
gradie
  1. 設定ファイルを[android/app]配下に配置する
Project 
v 4 shopping_list -'StudioProjects/shopping_Iist 
> .dart_tool 
v android 
> 
bui Id.gradle 
google-services.json 
gradle 
•gitignore 
build.gradle 
gradle.properties 
grad lew 
gradlew.bat 
local.properties 
settings.gradle 
shopping_list_android.iml 
> — build
  1. [android/build.gradle]にFirebase SDKを追加
Firebase SDK 
GradIeØ Google +$—EÄ F Uta google-services. json 
build-gradie 
| unity 
LÄJbØ build.gradle (<project>/build.gradle) 
buildscript { 
repositories { 
// Check that you have the following line (if not, 
google ( ) 
// Google's Maven repository 
dependencies { 
// Add this line 
classpath com.google.gms:google-services :4.3 . 8 • 
allprojects { 
repositories { 
// Check that you have the following line (if not, 
google ( ) 
// Google's Maven repository 
add it): 
add it): 
@ Java 
O Kotlin
buildscript {
    ext.kotlin_version = '1.3.50'
    repositories {
        google()
        jcenter()
    }

    dependencies {
        classpath 'com.android.tools.build:gradle:4.1.0'
        classpath "org.jetbrains.kotlin:kotlin-gradle-plugin:$kotlin_version"
  
        classpath 'com.google.gms:google-services:4.3.8'
    }
}

allprojects {
    repositories {
        google()
        jcenter()
    }
}

rootProject.buildDir = '../build'
subprojects {
    project.buildDir = "${rootProject.buildDir}/${project.name}"
    project.evaluationDependsOn(':app')
}

task clean(type: Delete) {
    delete rootProject.buildDir
}
  1.  [android/app/build.gradle]にFirebase SDKを追加
  2. 【注意】アプリレベルのbuild.gradleはFlutterは別設定になっているので、注意してください。
def localProperties = new Properties()
def localPropertiesFile = rootProject.file('local.properties')
if (localPropertiesFile.exists()) {
    localPropertiesFile.withReader('UTF-8') { reader ->
        localProperties.load(reader)
    }
}

def flutterRoot = localProperties.getProperty('flutter.sdk')
if (flutterRoot == null) {
    throw new GradleException("Flutter SDK not found. Define location with flutter.sdk in the local.properties file.")
}

def flutterVersionCode = localProperties.getProperty('flutter.versionCode')
if (flutterVersionCode == null) {
    flutterVersionCode = '1'
}

def flutterVersionName = localProperties.getProperty('flutter.versionName')
if (flutterVersionName == null) {
    flutterVersionName = '1.0'
}

apply plugin: 'com.android.application'
apply plugin: 'kotlin-android'
apply from: "$flutterRoot/packages/flutter_tools/gradle/flutter.gradle"

apply plugin: 'com.google.gms.google-services'

android {
    compileSdkVersion 30

    sourceSets {
        main.java.srcDirs += 'src/main/kotlin'
    }

    defaultConfig {
        // TODO: Specify your own unique Application ID (https://developer.android.com/studio/build/application-id.html).
        applicationId "com.example.shopping_list"
        minSdkVersion 16
        targetSdkVersion 30
        versionCode flutterVersionCode.toInteger()
        versionName flutterVersionName
    }

    buildTypes {
        release {
            // TODO: Add your own signing config for the release build.
            // Signing with the debug keys for now, so `flutter run --release` works.
            signingConfig signingConfigs.debug
        }
    }
}

flutter {
    source '../..'
}

dependencies {
    implementation "org.jetbrains.kotlin:kotlin-stdlib-jdk7:$kotlin_version"
}
  1. 最後にpubspec.yamlに移動して、Pub getを実行(コマンドでも構いません。)

これでAndroidの設定も完了です!

クマじい

Androidは簡単じゃったの。

最後に!

今回は、FlutterでFirebaseを使うための設定をやっていきました。
本当はFirebaseを使うところも載せたかったのですが、長くなったので一旦ここまでとします。

次回は、実際に「Firebaseを使った匿名認証」をやっていますので興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

また、今回Flutterを勉強するにあたり利用した教材をあげています。
主に本とUdemyの動画教材を利用しています。興味ある方は、本やUdemyを購入して勉強してみることをおすすめします。

学習に使った本はこちら!

¥4,048 (2022/12/05 18:17時点 | Amazon調べ)
クマじい

Amazon Kindle Unlimited でもFlutter、Dartの本はいっぱいあるぞ!

  • 技術書をたくさん読みたい!
  • 色々な技術を学びたい!
初回30日間無料体験があるので、どのような参考書があるか確認してみよう!

Kindle Unlimitedで技術書を読むならタブレットがあるとさらに便利ですよ!
10インチあるとより見やすいと思いますが、7インチでも十分見やすくなります!

¥15,980 (2022/12/09 11:28時点 | Amazon調べ)
Firebaseを使えるようにする!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

東京在住で20代のエンジニアです。
特に特技があるわけではありませんが、誰もが楽しくプログラミングができたらいいと思い、「teech lab.」を開設いたしました。

Enjoy Diaryという、ガジェットや雑貨を紹介しているブログもあります!
ぜひ、みてください!!

目次